KuCoinShares

仮想通貨(暗号資産)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

KuCoinShares

●通貨名称 KuCoinShares(KCS)
●通貨単位 KCS
●時価順位 57位※
●通貨単価 186.29円※
●時価総額 167億円※
●公開時期 2017年8月
●発行上限 2億枚
●承認方式 

(※2019.06.20. CoinMarketcap公開データより集計)

KuCoinShares(KCS)は、シンガポールを拠点とする世界有数の仮想通貨取引所 KuCoinが発行するコインです。
通貨記号はKCS。167億円の時価総額を誇り、時価総額ランキング57位に付けています。

世界トップクラスの取引所

KuCoinは、2017年9月の設立以来、驚異的な成長を遂げている仮想通貨取引所です。
元々は香港の取引所でしたが、シンガポールに本社を移し、他にも中国、タイ、フィリピン、ブルガリアに支店を設立しています 。
取引所の登録ユーザーは500万人を超え、1日の取引金額が約3億ドルを越える事もある、世界でもトップクラスの仮想通貨取引所です。
取り扱い通貨の多さに定評があり、複数の言語でサービスを提供するなどカスタマーサポートにも力を入れています。

手数料割引などの特典がある独自トークン KCS

KuCoinShares(KCS)は、そのKuCoinが、2017年8月にICOを実施し、発行した独自トークンです。
大手仮想通貨取引所バイナンスが発行するバイナスコイン(BNB)などと同じ、取引所コインと呼ばれるコインになります。
そしてKuCoinでは、KuCoinShares(KCS)を保有しているユーザーが多くのメリットを享受できるように様々な特典を打ち出しています。

KuCoin(KCS)の特長、メリット

KuCoin(KCS)の特長、メリットとしてはどの様なものがあるでしょうか。
主な項目としては

●取引手数料の割引
●配当が貰える
●KCSでコインを買える

と言った項目が挙げられます。

取引手数料の割引

KuCoinは元々取引手数料が低い取引所として知られています。
海外の一般的な仮想通貨取引所では、取引手数料は売買価格の0.25%~0.5%と言う所が多いですが、KuCoinの取引手数料は0.1%に設定されています。
KuCoinではKuCoinShares(KCS)を保有していると、更に取引手数料が割引される仕組みになっています。
割引率は保有しているKuCoinShares(KCS)に応じて決まり、1,000KCS当たり1%の割引となります。
最大で30%の割引になります。
KuCoinShares(KCS)の割引特典を使えば、KuCoinの取引手数料を最大で0.07%まで下げる事ができるのです。

配当が貰える

またKuCoinでKuCoinShares(KCS)を保有していると、KuCoinで発生した取引手数料収入の一部が配当として貰えるメリットもあります。
一日の手数料の50%が配布額となっており、KuCoinShares(KCS) の保有割合に応じて配当が貰えます。

KCSでコインを買える

KuCoinでは、KuCoinShares(KCS)があればKCS建で仮想通貨を取引できます。
KCS建では

●ネオ(NEO)
●リップル(XRP)
●イオス(EOS)
●ライトコイン(LTC)
●GO
●CS

の6種類のコインがKuCoinShares(KCS)で買う事ができます。

コインの買い戻しが有る

KuCoinでは、四半期ごとにKuCoinShares(KCS)の買い戻しが行われます。
KuCoinで上がった純利益の10%以上が買い戻しに使われます。
買い戻されたKuCoinShares(KCS)は即burn(焼却)と言う処理をされ、実質的に消滅します。
KuCoinによる買い戻しは1億枚分のKCSがburnされるまで行なわれる事になっています。
コインがburnされると市場に供給されるコインの総量が減るので、希少価値が高まり、価格が下落しにくくなります。

KuCoin(KCS)のデメリット

KuCoin(KCS)のデメリットとしてはどの様なものがあるでしょうか。
主な項目としては

●日本人の KYC申請ができない
●国内の取引所で購入できない

と言った項目が挙げられます。

日本人の KYC申請ができない

KuCoin(KCS)を保有しているとメリットが多いKuCoinですが、現在KuCoinでは日本人の KYC(本人確認)申請ができません。
元々は日本人向けにもサービスを展開していたのですが、2018年6月に日本居住者向けのサービスを停止する事を発表しています。
日本の金融庁の海外取引所への要請に応じた形となっています。
但し、KYC認証を行なわない形であれば、日本からのアクセスでも取引は行えます。
KYC をせずに利用する場合、KuCoinでは1日あたり2 BTC分までしか引き出せません。
この点は注意が必要です。

国内の取引所で購入できない

KuCoin(KCS)は、日本の取引所では取り扱っている所が無く購入する事ができません。
どうしてもKuCoin(KCS)を購入したいと言う事であれば、海外の取引所に口座を開設して購入する必要があります。
海外であれば、有力取引所の多くで取り扱われており流動性もあるので取引はしやすいコインと言えます。
2019年6月現在、KuCoin(KCS)を上場している主な取引所としては

●KuCoin

などが挙げられます。

価格の見通し

2019年6月20日現在、KuCoin(KCS)の価格は186.29円を付けています。
もちろん実際の取引は御自身の判断、自己責任でお願いします。

まとめ

KuCoin(KCS)

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました