ビットコインゴールド(BTG)とは!?暗号資産の特長を解説

暗号資産
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビットコインゴールド(BTG)

(2021.01.07.改訂)
ビットコインゴールド(BTG)は、2017年11月にビットコインからのハードフォークによって誕生したコインです。
通貨単位はBTG。157億円の時価総額を誇り、時価総額ランキング87位に付けています。

■通貨名称 ビットコインゴールド
■通貨単位 BTG
■時価順位 87位*(26位**)
■通貨単価 896円*(2960.15円**)
■時価総額 157億円*(518億円**)
■公開時期 2017年11月13日公開
■発行上限 2100万枚
■承認方式 PoW
■公式サイト https://bitcoingold.org/

(* 2021.01.03. CoinMarketcap公開データより集計)
(**2019.06.20. CoinMarketcap公開データより集計)

誕生の経緯

ビットコインゴールド(BTG)はビットコインのマイニングが一部のグループに集中してきている事への懸念から生まれました。
ビットコインのマイニングは、ビットメイン社を始めとする中国系マイニンググループが専用のマイニングマシンを揃えた大規模なマイニングファームを展開し、圧倒的優位に立っています。
その為、中国型のマイニンググループが結束すれば、いずれマイニングの過半数を握って取引記録を書き換える事ができてしまうという不安が現実になってきていました。

ビットコインゴールドは、こうした状況から脱したコインを生み出すべく、ビットコインからのハードフォークという形で分岐し誕生します。
ハードフォークとは変更前の状態と互換性がない形で仕様変更をする事です。
ハードフォークしたビットコインゴールドはビットコインの保有者に同数が付与されるという形で配布されています。

ビットコインゴールドの特長、 メリット

ビットコインゴールド(BTG)の特長、メリットとしてはどの様なものが挙げられるでしょうか。
主な項目としては以下の項目があげられます。

●ビットコインより処理速度が早い
●マイニングのハードルが低い

ビットコインより処理速度が早い

ビットコインゴールド(BTG)はビットコインよりも取引の処理能力が優れています。

マイニングのハードルが低い

ビットコインゴールドでは、取引記録の承認にビットコインと同じ PoW(Proof of Work)という承認方法が採用されています。
PoW方式では、コンピュータに複雑な計算をさせて、承認に必要な値を最初に導き出した人が報酬を得られるマイニングと言う作業が発生します。
ただビットコインではASICと言う集積回路を搭載した専用のマイニングマシーンを使った人が圧倒的に有利で、一般のPCでは実質的に太刀打ちできない状況になっています。

ビットコインゴールドでは、マイニングをエクイハッシュ(Equihash)という関数を用いて計算させています。
エクイハッシュはASICが対応できない仕様になっている為、結果マイニングのハードルが低くなっています。

ビットコインゴールド(BTG)のデメリット

ビットコインゴールド(BTG)のデメリットとしてはどの様なものが挙げられるでしょうか。
主な項目としては以下の項目が挙げられます。

●51%攻撃を受けるリスク
●韓国の取引比率が高過ぎる
● 国内の取引所では購入できない

51%攻撃を受けるリスク

2018年5月24日、ビットコインゴールド51%攻撃が仕掛けられ、約20億円相当のビットコインゴールドが取引所から盗難に遭いました。
51%攻撃とは、悪意のあるグループがマイニングの50%以上を占めて過半数を握る事で、ブロックチェーン記録を意図的に改ざんしてしまう事です。
ハッシュレートの低いマイナー通貨という事で狙われる危険が高くなっています。

韓国の取引比率が高過ぎる

ビットコインゴールド(BTG)の取引は、2019年1月時点では韓国の仮想通貨取引所Bithumbでの取引が95%以上を占めていました。
そのため韓国の市場の影響力が大きすぎるという問題を抱えています。
その後Bithumbの取引シェアは低下したものの、やはり韓国に拠点を置くUpbitやCoinbitが取引の大半を占めています。
今後の価格の大幅上昇を果たす為には、韓国以外の取引所でも取引量を増やして行く必要があります。

国内の取引所では購入できない

ビットコインゴールドは日本国内の取引所では取扱いが無く、 購入する事ができません。
どうしてもビットコインゴールド(BTG)を購入したいと言う事であれば、海外の取引所に口座を開設して購入する必要があります。
ビットコインゴールドを取り扱っている主な取引所としては

●Upbit
●Coinbit
●OKEx
●Binance
●Bitfinex

●bithumb

が挙げられます。
※2018年9月4日米国大手取引所のBittrex がビットコインゴールドの上場を廃止しました。

今後の価格見通し

2021年1月3日現在、ビットコインゴールド(BTG)の価格は896.8円という価格を付けています。

まとめ

ビットコインゴールドは、特定のグループによるマイニングの寡占化を防ぐために開発されたコインです
そのビットコインゴールドが51%攻撃を受けてしまうというのは何とも皮肉ですが一般的な PC でもマイニングができるというのは大きなメリットでもあります。
処理能力などビットコインよりも優れている面もあり今後の展開が注目されます。
是非ビットコインゴールドの展開に注目して下さい。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました