リブラ(Libra)とは!?フェイスブックが開発する仮想通貨を解説

暗号資産
スポンサーリンク
スポンサーリンク

リブラ(Libra)

2019年6月18日 フェイスブック社(Facebook.Ink)は仮想通貨リブラ(Lliba)の計画を発表しました。
フェイスブック社はリブラのホワイトペーパーを発表し、2020年前半までにサービスを開始するとの事です。

●通貨名称 リブラ(Libra)
●公開時期 2020年公開予定
●提唱者 フェイスブック社

世界最大のSNS企業

フェイスブック社は、米国カリフォルニア州に本社を置く世界最大のSNS サービス企業です。
Facebookの他、インスタグラム(Instagram)などの人気SNSを抱えています。
世界中に24億人いるFacebook利用者の間でリブラの送金が可能になります。

法定通貨とリンク

リブラは法定通貨と価格を固定させたステーブルコインと呼ばれる種類のコインです。
ステーブルコインは米ドルなど特定の法定通貨に価値を連動させたものが多いですが、リブラでは米ドル、ユーロ、日本円、ポンドに加えて国債などの資産を混ぜた形で準備金として担保するコインになるとのことです。

グローバル企業が結集

リブラでは、フェイスブック等が出資する合弁会社リブラ協会がリブラの運営を行います。
フェイスブック社の他、グローバル企業を中心に27社が事業に参加します。
主な参加企業を挙げると

●Facebook
●VISA (クレジットカード)
●マスターカード(クレジットカード)
●ペイパル(PayPal/eコマース)
●eベイ (eコマース)
●ウーバー (Uber/配車アプリ)
●Booking.com (旅行予約サイト)
● strip (オンライン決済)
●スポティファイ (音楽配信)

などです。

法定通貨を脅かす存在

リブラには影響力の非常に多いグローバル企業が多数結成しています。
この為リブラが公開された時には、リブラが法定通貨を脅かす存在になる事が予想されています。
決済で使われる場所などが増えれば 、とりわけ新興国などては自国通貨からリブラへの大規模なシフトが起きる可能性が大きくなると考えられます。

リブラへの警戒心

当然、リブラを警戒する声も少なくありません。
Facebookからの個人情報の大量流出問題が起きた事もあり、米国を中心にFacebookの情報管理を警戒する声は大きくなっています。
リブラに対しても「Facebookが通貨を発行する」として警戒されています。
フェイスブックがリブラの計画を発表した翌日の2019年6月19日には、米国連邦議会の下院金融委員長が仮想通貨(暗号資産)の開発中止を要請したとCNBCが報じています。
以降もトランプ米大統領パウエルFRB議長を始めとする政財界の要人が、相次いでリブラに否定的な見解を述べています。

リブラで生活ができる

実際、リブラのプロジェクトに参加している企業のサービスにリブラの決済が利用できるだけでも、生活の広範な部分に対応ができてしまいます。
中でも海外への旅行などでは遺憾なく実力を発揮します。
Booking.comで飛行機やホテルを予約して、 現地ではオーバーで移動もできます。
VISAやマスターカードで決済もできます。
法定通貨を使う必要性がどんどん無くなって行きます。

価格の見通し

リブラは法定通貨などと価格をチェックしているステーブルコインなので基本的には価格は安定し投資対象とはなりません。
実際には、価値が完全には固定されていない点を狙った投資方法も存在しますが、あくまで上級者向けの方法となります。

まとめ

リブラは、その計画発表当初から非常に大きな注目を浴びている仮想通貨(暗号資産)です。
中心となる Facebook だけで24億人ものユーザー数を誇り、そこに 数多くのグローバル企業が加わるリブラの影響力は極めて強大です。
少なからず世界中の決済に影響を与える仮想通貨(暗号資産)になるはずです。
抵抗も警戒も多く予断を許さない 部分もありますが、今後の展開に目が離せません。
是非リブラの展開に注目してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました