FTTトークンとは!?FTX取引所が展開する仮想通貨を解説

仮想通貨(暗号資産)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

FTTトークン

FTTトークンは世界的な取引所FTXが発行する独自トークンです。
FTXは後発の取引所ながら仮想通貨(暗号資産)の業界に多様な金融取引のサービスを持ち込み急拡大を果たしました。
FTXへの高い評価を背景にFTTトークンにも人気が集まっています。
通貨単位はFTT。2021年5月2日時点で5,623億円の時価総額を誇り、時価総額ランキング32位に付けています。
今回はこのFTTトークンを紹介します。
仮想通貨取引所FTXの概要については別の記事を参照下さい。

■PJ名称 FTTトークン
■通貨単位 FTT
■通貨価格 5,960円*
■時価総額 5,623億円*
■時価順位 32位
■発行枚数 -

■公式HP  https://ftx.com/ftt
(※2021.05.02. CoinMarketcap公開データより集計)

FTTトークンの特徴

FTTトークンの特長、メリットとしてはどの様なものがあるでしょうか。
主な項目としては以下の項目があげられます。

●FTXで手数料が割引になる
●ステーキングができる
●トークンの焼却がある

FTXで手数料が割引になる

FTXはFTTトークンの保有者に対して、FTXでの取引手数料を優遇しています。
FTXの口座内にFTTトークンを100ドル相当以上保有していると、その保有量に応じてFTX取引手数料が3%から最大で60%割引になります。
尚100万ドル相当以上保有していると会員ステータスが自動的にティア4になり、
250万ドル以上だと自動的にVIPステータス、500万ドル以上だとVIP2ステータスになります。

投票に参加できる

FTTトークンはガバナンストークンと呼ばれるタイプのコインであり、FTTの保有者はコインの運営統治に関わる投票に参加することができます。
あるいは運営に関わる提案を挙げることも可能です。
提案や投票によって報酬が得られます。

ステーキングができる

FTXにはFTTトークンのステーキングの仕組みがあります。
(一般的にガバナンストークンにはステーキングの仕組みがあります)
FTTトークンをFTXの口座に預け入れてステーキングすると、FTXでの会員ステータスに応じて報酬が得られます。
それだけでは無く、ステーキングをすることによってFTXにおいてさまざまな特典が獲得できます。
FTXで得られる主な特典は以下の通りです。

・紹介制度の報酬がアップする
・セルムの独自トークンSRMの無料配布
・イーサリアム(ETH)とERC規格のトークンの出勤手数料無料

トークンの焼却がある

FTXでは市場で発生する手数料の33%を使って、FTTトークンの焼却(バーン)を行っています。
FTX はFTT/USD 市場でFTTトークンを購入し、毎週購入した FTTを焼却(バーン)します。
実質的には発行枚数が減ることと同じ効果となり、希少性が増すので価格の上昇圧力となります。

FTTトークンのデメリット

FTTトークンのデメリットとしてはどの様なものがあるでしょうか。
主な項目としては 以下の項目があげられます。

●国内の取引所で購入できない

国内の取引所で購入できない

FTTトークンは2021年6月現在、日本の仮想通貨取引所には取り扱っている所が無く、購入する事が できません。
どうしてもFTTトークンを購入したいという事であれば、海外の取引所に口座を開設して購入する必要があります。
海外であれば多くの有力取引所に上場されており、取引しやすいコインと言えます。
2021年6月現在、FTTトークン(FTT)を上場している主な取引所としては

●FTX
●Huobi Global
●Binance

などが挙げられます。

価格の見通し

2021年5月2日現在、FTTトークンの価格は5,960円を付けています。
FTXの人気に影響を受けやすいコインではありますが、FTXが革新的な金融取引を実装する取引所としての地位を築き上げており、更なる拡大も十分に考えられます。
FTTトークンにも価格の上昇余地はまだまだあると言えそうです。

まとめ

FTTトークンは仮想通貨取引所FTXが展開するトークンですが、取引所の枠を超えてバイナンスなどの有力取引所にも上場される汎用性の高いコインとして地位を固めつつあります。
日本での知名度はまだ大きくは無いですが、FTXがさまざまな施策を打つことも考えられる期待のコインです。
是非FTTトークンに注目して下さい。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました