パンケーキスワップ(PancakeSwap)とは!?急成長する躍進するDEXを解説

取引所/DEX
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PancakeSwap

PancakeSwapサイトより

パンケーキスワップ(PancakeSwap)は、バイナンスのブロックチェーンを使って展開している分散型取引所(DEX)です。
厳密には完全な分散型取引所とは言えないのですが、送金手数料の安さなどに強みがあり人気を博しています。
CoinmarketCapのDEXランキングでも上位の座にあります。

■取引所名 PancakeSwap
■運営形態 DEX
■技術基盤 BainaceSmartChain
■運営開始 2020年9月
■公式HP  https://pancakeswap.finance/

DEXとは

DEX(Decentralized EXchange)は日本語では「分散型取引所」と訳されています。
特定の事業者や組織が管理せず、決められたルールに沿ってシステマチックに取引が処理される取引所です。
一般的な取引所を使って取引をする場合は、自分の資産(通貨)を取引所に預けてこれで他の通貨を買いますが、分散型取引所では基本的にその会社が存在しません。
資産を守る秘密鍵はあくまでユーザーの元にあり、ユーザーが自らの責任で管理します。
資産を管理する管理者がいないのでデータの管理コストは大幅に減少します。
PancakeSwapの場合は大手仮想通貨取引所バイナンスのアプリケーションサービスという立ち位置で中央集権的な取引所とも言えますが、システム的には分散型取引所の仕組みをそのまま使っています。
分散型取引所(DEX)の内容については記事を参考にして下さい。

DEXはイーサリアム系が主流

分散型取引所(DEX)は2020年のユニスワップ(Uniswap)の成功によって人気に火が付きました。
その後Uniswapの仕組みを模したスシスワップBurgerSwapSwapHubなど類似の分散型取引所が続々と生まれ乱立状態になりました。
Uniswapイーサリアムのプラットフォームを使っていたこともあって、分散型取引所の多くがイーサリアムのプラットフォーム上で展開されました。
これらの分散型取引所ではイーサリアム(ETH)が基軸通貨となり、イーサリアムの規格(ERC20規格)のトークンを自由に交換することができます。

イーサリアム系DEXの問題

ところがイーサリアム系DEXの取引拡大に伴って送金手数料の高騰が深刻な問題になってきました。
イーサリアムのプラットフォームでは送金する度に送金手数料(gas代)が発生している仕組みになっています。
原則的に取引量が増加・集中すると送金手数料は上昇するのですが、最近では送金手数料が高騰して深刻な負担となっています。
2021年2月時点では1,000円程度の取引で掛かる送金手数料が数千円相当になってしまうことも珍しくありません。
これでは取引所の手数料が格安でも、あるいは預け入れ利息が良くても送金手数料が相殺してしまいます。
送金手数料の高騰は、イーサリアム系の分散型取引所共通の問題となっています。

バイナンススマートチェーン(BSC)

これに対しPancakeSwapバイナンススマートチェーン(Bainance Smart Cain)という世界的な取引所バイナンスが独自開発したプラットフォーム(ブロックチェーン)を利用しています。
バイナンススマートチェーン(BSC)はバイナンスが2020年9月に発表した独自のブロックチェーンで送金手数料の安さや取引記録のブロック生成時間の短さなどに強みを持っています。
バイナンスが既に開発していたバイナンスチェーン(BS)とは別のブロックチェーンになります。
またバイナンススマートチェーンはイーサリアムのEVMという技術(仮想マシン)を使って開発されているので技術的にはイーサリアムとの類似性も多いですが独立したブロックチェーンとなります。

PancakeSwapにユーザーが流入する

PancakeSwapはバイナンススマートチェーンに乗ったことで圧倒的な送金手数料の安さを手に入れました。
分散型取引所(DEX)としてのサービスとしては他と同様のものを用意しながら送金手数料は格安!ということで、送金手数料の高い他の分散型取引所からユーザーが流れてくる様になりました。
特に流動性提供、イールドファーミングといった投資への資金が集まった2020年の年末辺りからPancakeSwapの人気が顕著になり取扱高が急拡大しました。

BEP20トークン

PancakeSwapではバイナンススマートチェーン(BSC)の規格に準拠したトークン『BEP20
トークン』
を取引することができます。
イーサリアム(ETH)もBEP20規格に加工された形で使われます。
実際にやってみないと理解しにくい部分かも知れませんが、BEP20規格に準拠した形に変換されて送金されます。
BSCはイーサリアムをベースにしていますが、現時点でイーサリアムのブロックチェーンと互換性はありません。
そのためPancakeSwapを行なうためにはBSC仕様のウォレットを用意する必要があります。

流動性マイニング

PancakeSwapでは他の分散型取引所と同様に資金の在庫を元にコインの自動取引を実現しています。
在庫(資産)を確保することは流動性を保証する重要な鍵であり、在庫となる資産を提供してくれた人に利益が配分される仕組みになっています。
これが「流動性の提供」あるいは「流動性マイニング」と呼ばれているものです。
PancakeSwapの流動性プールに資産(2つのコインをペアにした資産)を預けると取引手数料の一部が配分されます。
また資産を預けている「預かり証」として流動性トークン(LPトークン)が貰えます。
このLPトークンも預けることで独自トークン“CAKE”が貰えます。
LPトークンは取り出すことができますが、預けている間はCAKEは増え続けます。
このCAKEの価格が上がって行ったことで望外の利益が入ったことがPancakeSwapの人気を決定づけました。

Cake

PancakeSwapトークン(CAKE)はPancakeSwapで発行される独自トークンです。
CAKEの価格は2021年初頭の約65円から1,359円に跳ね上がっています。
流動性の提供とステーキングによって大量のCAKEを得ていた投資家は溢れるほどの利益を手にすることになりました。
2021年3月1日時点でCAKEは1,445億円の時価総額を誇り、時価総額ランキングで50位*につける有力コインとなっています。

*2021.03.01.CoinmarketCap発表データによる

シロップ

PancakeSwapではPancakeSwapトークン(Cake)ともう1つ、シロップ(Syrup)という独自トークンがあります。
ケーキ(Cake)シロップ(Syrup)と冗談の様なネーミングですがちゃんとしたトークンです。
Cakeを掛けて賞金としてシロップを受け取る仕組みがあり、シロップはシステムの投票に使える他、PancakeSwapの宝くじのチケットにもなります。

まとめ

PancakeSwapは先行するイーサリアム系の分散型取引所が送金手数料(gas代)の高騰に悩まされている中、圧倒的な手数料の安さを武器に駆け上がり時価総額上位の分散型取引所に躍り出ました。
可愛いネーミングもあって個人投資家の高い支持を得ています。
DEXの分野は競争が激しく、PancakeSwapが今後どのような形になるかはわかりませんが、注目しておく価値はあると思いますよ。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

免責事項

記事の内容について生じたあらゆる損害等に対して当サイトは一切の責任を負いません。か御了承願います。
DeFi投資は自己責任の世界であり、リスクもあります。
余裕のある資金で御自分の判断、自己責任でお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました