ユビホルの出金方法

仮想通貨をもらう
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ユビホル

ユビホルは暗号資産イーサリアム(ETH)を無料で獲得できるスマートフォンゲームです。
スマホ画面に表示される星(実は鉱石)をタップするとポイントを獲得でき、獲得したポイントをイーサリアム(ETH)に交換することができます。
プレミアムクジに交換すると抽選でイーサリアムが当ります。
操作はシンプルで簡単ですが、中毒性が高く、ずっと続けていられます。
ここではユビホルで獲得したイーサリアムを出金(送金)する方法を解説します。
ユビホルの詳しい内容については記事を参照下さい。

※イーサリアムの通貨名称は正しくは”イーサ”ですが、一般の人にはイーサリアムの名称で知られているため、イーサリアムとして表記しています。

受け取り用のウォレットが必要

イーサリアムを出金(送金)するためには、イーサリアムを受け取るウォレットが必要になります。
一般のお金を受け取る時に銀行口座が必要なのと同じ様なイメージです。
ビットフライヤーやGMOコインなどの暗号資産交換業者に口座を開いていれば、自分の口座にビットコインを受け取れるウォレットも用意されています。
イーサリアムを日本円に替えたいということであれば、こうしたウォレットに出金(送金)することになります。
あるいはGinkoなどの独立したウォレットサービスもたくさんありますので、そこで自分のウォレットを作って受け取り先にすることもできます。
ユビホルの運営会社であるトークンポケット社は「TokenPocket」という同名のウォレットサービスも展開しています。
むしろこちらの方がメイン事業だったりするのでこちらにウォレットを作って移すというのも有力な選択肢になります。
ウォレットにはそれぞれに個別のアドレスがありますので、そのアドレスを指定して送金するという訳です。
自分用のウォレットを持っていないという方は先にウォレットを作成しましょう。

出金方法

ユビホルでは獲得したイーサリアムを0.011ETHから出金(送金)することができます。
逆に言うと0.011ETH以下の場合は出金できないということになります。
出金をする前に、受け取り先のウォレットアドレスをコピーしておきます。
次にユビホルの画面下側にある【資産】ボタンをタップして資産のページを開きます。
資産のページに『ETH』のボタンがあります。
獲得したイーサリアムが0.011ETH以上あると【受け取る】ボタンが赤くなってタップできるようになっています。
【受け取る】ボタンをタップします。
電話番号による認証が済んでいない場合には、受け取り時に電話番号による認証が必要になります。
携帯の番号をハイフン無しで入力して『smsを送る』ボタンを押します。
間もなく登録した番号宛に認証番号が記入されたSMS(ショートメールサービス)が届きます。
ユビホルの画面は認証番号を入力する画面に変わっているので届いた認証番号をそのまま入力して送信します。
これで認証が完了です。
電話番号を入れても勧誘の電話などが掛かってくる訳ではありませんので、その辺は御安心下さい。
出金(送金)するアドレスを入力する欄が出てきますので、事前にコピーした受け取り先のアドレスを貼り付けます。
アドレスが間違っていないかどうか確認して下さい。
貼り付けが済んだら送信して作業完了です。
しばらくすると登録したアドレス宛にETHが届きます。

アドレスの間違いに注意

出金(送金)の際に気をつけなければいけないのが、ウォレットアドレスの入力です。
入力したアドレスが間違っているとビットコインの受け取りができないですし、違うアドレスへの送金が成立してしまうとそれを取り返す手段もありません。
正確にアドレスを入力する必要があるのです。
とは言えウォレットアドレスは非常に文字数が多い上、配列も複雑です。
手入力で正確に打ち込むのは正直とても大変です。
間違い防止のために、アドレスはできる限りコピー&ペーストで貼り付けすることをお薦めします。

まとめ

ユビホルの出金(送金)方法がお分かり頂けましたでしょうか。
事前に受取先ウォレットのアドレスさえ用意できれば作業はそれほど複雑ではありません。
取引所(交換業者)の口座にあるウォレットに送れば現金に替えることもできます。
しっかり出金(送金)して有効に活用して行きましょう。
最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました