ビットフライヤーが遂に全国CMを再開!乃木坂46・齋藤飛鳥さんを起用です。

取引所
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新テレビCMを開始!

bitFlyer(ビットフライヤー)- 暗号資産(仮想通貨)の購入/販売所/取引所
ビットフライヤーは、国内最大級の仮想通貨取引所です。信頼と安心のセキュリティで、ビットコインやリップル(XRP)、モナコイン、イーサリアムなど人気な仮想通貨をわずか100円から購入可能。

日本の暗号資産(仮想通貨)取引を代表する暗号資産交換業者の1つであるbitFlyer(ビットフライヤー)乃木坂 46齋藤 飛鳥さんをイメージキャラクターに起用し、6月24日から新テレビCMの放映を開始しました。
2018年1月に国内で起きたネム(XEM)流出事件以降、取引所を運営する暗号資産交換業者はどこも守りの経営を強いられてきましたが、いよいよ広告・宣伝といった部分でも攻勢を強めて行くようです。

bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコインの取引量で国内トップの実績を誇る暗号資産交換会社です。
2014年と設立当初からビットコインの取引環境の整備や、暗号資産全体の認知度を上げる活動など地道な取り組みを続けてきた会社でもあります。
2018年には㈱bitFlyer Holdingsを設立し、持株会社の体制に移行しています。
㈱bitFlyer Holdingsはリクルート、三菱UFJキャピタル、 GMOなどの大手企業の出資を受けています。

●運営会社 ㈱bitFlyer
●会社設立 2014年1月9日設立
●資本金  41億238万円
●代表者  三根 公博代表取締役
●本社所在 港区赤坂(ミッドタウン·タワー)
●主要株主 ㈱bitFlyer Holdings
●登録番号 関東財務局長 第00003号
●公式HP  https://bitflyer.com/ja-jp/

bitFlyerのサービス、事業などについてはこちらの記事を参照下さい。

地方CMは既に再開

今回の新CMに先駆けて、bitFlyerは2020年5月13日に2年ぶりとなる新テレビCMの放映を地方限定で開始しました。
愛知県、岐阜県、三重県の中京三県のみの放映でしたが、俳優の片桐 仁さんがナレーター出演し、アニメーション動画でビットコインを取り巻く環境を表現した3パターンのCMが放映されました。
このCM再開と併せて「テレビCM放映記念!暗号資産(仮想通貨)の買いそろえで最大 9 万円相当のビットコインが当たるキャンペーン」という随分長い名前のキャンペーンも実施し、CMとの相乗効果を狙いました。
このキャンペーン時の詳細はこちらを参照下さい。

乃木坂・齋藤 飛鳥さんをイメージキャラクターに

そして今回、満を持して首都圏でもCMを再開することとなりました。
新CM開始にあたっては、bitFlyerのイメージキャラクターに、アイドルグループ 乃木坂 46齋藤 飛鳥さんが就任することも発表されました。
乃木坂46は、現在、女性アイドルグループの人気ランキングでは、その殆どで1位を獲得するほどの高い人気を誇るグループです。
乃木坂46のファン層はAKBの現ファン層より若いと言われ、かつ欅坂のファン層ほど若過ぎないということで、若い投資家層にアピールしていく戦略が伺われます。
齋藤 飛鳥さんは乃木坂46の現役メンバーでは一、二を争う人気を誇る主力メンバーで、何度もグループのセンターを努めています。
若い層を中心に男女問わず、非常に多くのファンを抱えているアイドルです。

6月24日から放映

齋藤 飛鳥さんをイメージキャラクターに起用して作成したbitFlyerの新テレビCMは6月24日より放映が開始されました。
新CMは、暗号資産(仮想通貨)を知らなかった齋藤 飛鳥さんがCM出演をきっかけに暗号資産(仮想通貨)に興味を持つという内容になっています。
bitFlyerの発表によれば、これまで仮想通貨に触れてこなかったお客様やbitFlyerを知らなかったお客様に興味を持って頂き、さらに身近に感じて頂きたいという想いを表現したとのことです。

リモートで撮影

また今回のテレビCMの撮影では、新型コロナウィルスの影響を睨み、スタッフが撮影現場に一切行くことなく、齋藤 飛鳥さんの自宅からフルリモートという形で撮影が進められました。
齋藤 飛鳥さんはメイクはセルフメイクで行ない、衣装も私服を使い、自分でカメラを持って自撮撮影に挑戦しています。

●CM名称  bitFlyer「知ってます?」篇(15 秒)
●出演者  齋藤 飛鳥さん(乃木坂46)
●放映期間 2020年6月24日〜2020年7月7日
●公式動画 https://youtu.be/pSmo-TTwKg8

キャンペーンも実施

また新テレビCMの放映を記念しbitFlyerでは「乃木坂 46 齋藤 飛鳥さんイメージキャラクター就任!テレビ CM 放映記念!サイン入りグッズ当たるキャンペーン」を実施しています。
相変わらずとっても長いキャンペーン名称ですね。
キャンペーンにエントリーの上、対象期間中に所定金額以上の暗号資産(仮想通貨)を購入した人を対象に、抽選で齋藤 飛鳥さんのサイン入りグッズが当ります。

●CP名称 乃木坂 46 齋藤 飛鳥さんイメージキャラクター就任!テレビ CM 放映記念!サイン入りグッズ当たるキャンペーン
●実施期間 2020年6月9時00分~2020年7月22日23時59分
●参加条件 キャンペーンページからエントリー完了の上、bitFlyerの販売所もしくは取引所で暗号資産(仮想通貨)を合計5,000円以上購入すること。
●プレゼント内容
エントリーの上暗号資産(仮想通貨)を合計 5,000 円以上購入した人の中から、抽選で3 名に乃木坂 46 齋藤 飛鳥さんのサイン色紙。
エントリーの上暗号資産(仮想通貨)を合計 10,000 円以上購入した人の中から、抽選で3名に乃木坂46 齋藤 飛鳥さんのサイン入りチェキ。
●進呈時期 2020年8月予定

詳細についてはbitFlyerのキャンペーンページを御確認下さい。

まとめ

bitFlyerを含め、日本の暗号資産交換会社は2018年以降は厳しい状況に直面しました。
何よりも優先されるのはセキュリティの強化、財産管理の厳格化であって、広告・宣伝活動は二の次となっていました。
そうした時期を過ごした暗号資産交換会社の中から、bitFlyerが新テレビCMの再開に漕ぎ着けたことは一つの転換点と言えるかも知れません。
しかも今をときめく乃木坂46のエース級メンバーをイメージキャラクターに起用するという相当に積極的な動きです。
今後、他の交換会社もこうした攻勢に出てくる可能性が十分にあります。
日本の暗号資産(仮想通貨)市場の発展につながるのであれば嬉しいですね。
今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

取引所
スポンサーリンク
コイン資産倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました