バイナンスのステーキングサービスは預けるだけで暗号資産が増えていく!!③

取引所
スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイナンスのステーキングサービス

世界有数の暗号資産取引所「バイナンス」が展開するステーキングサービスが魅力的なサービスであるという話をしました。
ステーキングはコインを保有しているだけで資産が増える、とても魅力的な仕組みです。
バイナンスのステーキングサービスは利用のハードルが低く、選択肢も豊富で、リターンも魅力的です。
バイナンスのステーキングサービスの概要やメリット、デメリットについてはこちらを参照下さい。

今回は前回に続いてバイナンスのステーキングサービスが取り扱っている具体的なコインについて紹介して行きます。
対象コインについては2020.5.23.現在のバイナンス公式サイトでの取扱コインを対象としています。

コインの価格や必要最低金額については2020.5.23.のCoinmarketCapデータを基に集計しています。
実際の投資は御自分の判断、自己責任にてお願いします。

Tomo Chain

TomoChain(トモチェーン)は元NEMのブロジェクトリーダーLong Vuong氏らが創設したブロックチェーンプロジェクトです。
独自の承認方式「PoSVコンセンサス」、EVM互換性などの技術によって高いセキュリティ、高速の取引処理、低い手数料を実現しています。
バイナンスでは5TOMOからステーキングを受け付けており、予想年間利率は1%〜5%となっています。
1TOMOが約43円なので約213円から参加できる計算になります※。

・ステーキング TOMO Staking
・予想年間利率 1%〜5%
・最低預入金額 5 TOMO
・コイン価格  42.44円※
・必要最低金額 212.2円※

Ark

ArkはメジャーコインのLiskからのハードフォークによって誕生した暗号資産(仮想通貨)です。
決済手段などにおいての実用性がLiskIよりも​向上することを意識して開発されています。
他のブロックチェーンとの互換性を持つことも可能な機能も実装しています。
バイナンスでは5ARKからステーキングを受け付けており、予想年間利率は1%〜3%となっています。
1ARKが約23円なので約115円で参加できる計算になります※。

・ステーキング Ark Staking
・予想年間利率 1%〜3%
・最低預入金額 5ARK
・コイン価格  22.66円※
・必要最低金額 113.3円※

ARPA Chain(ARPA)

ARPA Chain(ARPA)はプライバシーを確保しながら取引を処理できるMPC – Multi-Party Computationという技術を搭載した暗号資産(仮想通貨)です。
バイナンスでは60 ARPAからステーキングを受け付けており、予想年間利率は1%〜10%となっています。
1ARPAが約1.14円なので約69円で参加できる計算になります※。

・ステーキング ARPA Staking
・予想年間利率 1%〜10%
・最低預入金額 60 ARPA
・コイン価格  1.14円※
・必要最低金額 68.4円※

シータ(THETA)

シータ(THETA)は分散型サービスを実現させるプロジェクトです。
2018年1月4日に終ICOを実施し、約20億円の資金調達に成功、これとは別に株式公開によって約36億円の資金を調達しています。
バイナンスでは10THETAからステーキングを受け付けており、予想年間利率は1%〜2%となっています。
1THETAが約29円なので約290円で参加できる計算になります※。

・ステーキング THETA Staking
・予想年間利率 1%〜2%
・最低預入金額 10 THETA
・コイン価格  28.94円※
・必要最低金額 289.4円※

LOOM Network(LOOM)

LOOM Networkは、イーサリアムのスケーラビリティ問題の解消を目指して始められたプロジェクト(プラットフォーム)です。
ゲーム関連の開発環境が充実しており、イーサリアム上でのゲーム開発方法を無料で学べるオンラインレッスン環境「CryptoZombies」を開発したことでも知られています。
バイナンスでは60 LOOMからステーキングを受け付けており、予想年間利率は10%〜20%となっています。
1 LOOMが2円弱なので110円ほどで参加できる計算になります※。

・ステーキング LOOM Staking
・予想年間利率 10%〜20%
・最低預入金額 60 LOOM
・コイン価格  1.83円※
・必要最低金額 109.8円※

KAVA

KAVA(カヴァ)は、ブロックチェーンで構成された金融システム(DeFi)のための府rっとフォームを提供するプロジェクト(KAVAプロジェクト)から生まれた暗号資産(仮想通貨)です。
リップルを管理するリップル社からも出資を受けたことで注目を集めました。
バイナンスでは1 KAVAからステーキングを受け付けており、予想年間利率は14%〜16%となっています。
1 KAVAが約72円なので約72円で参加できる計算になります※。

・ステーキング KAVA Staking
・予想年間利率 14%〜16%
・最低預入金額 1 KAVA
・コイン価格  71.41円※
・必要最低金額 71.41円※

アルゴランド(Algorand)

アルゴランド(Algorand)は、誰もが信頼できる包括的なエコシステムの実現を目指しているプロジェクトです。
システム内で使われる暗号資産(仮想通貨)がALGOとなります。
バイナンスでは2 ALGOからステーキングを受け付けており、予想年間利率は8%〜10%となっています。
12ALGOが約22円なので約44円で参加できる計算になります※。

・ステーキング Algorand Staking Rewards
・予想年間利率 8%〜10%
・最低預入金額 2 ALGO
・コイン価格  21.68円※
・必要最低金額 43.36円※

Harmony(ONE)

ハーモニー(Harmony)は2019年5月にバイナンスでIEOが行われたプロジェクトです。
プロジェクト内で使われる暗号資産(仮想通貨)がONEになります。
バイナンスでは175ONEからステーキングを受け付けており、予想年間利率は8%〜10%となっています。
1ONEが約0.4円なので68円ほどで参加できる計算になります※。

・ステーキング Harmony ONE Staking
・予想年間利率 8%〜10%
・最低預入金額 175 ONE
・コイン価格  0.384255円※
・必要最低金額 67.25円※

Fetch.AI

Fetch.AIは、人工知能ネットワークを構築することによって、データ収集やサービスを人間を介さずにできるようにするというプロジェクトです。
システム内で動くコインがFETとなります。
バイナンスでは25FETからステーキングを受け付けており、予想年間利率は8%〜12%となっています。
かなりの高利率ですよね。
1FETが約2円強なので約54円ほどで参加できる計算になります※。

・ステーキング Fetch.ai Staking
・予想年間利率 8%〜12%
・最低預入金額 25 FET
・コイン価格  2.14円※
・必要最低金額 53.5円※

ストラティス(Stratis)

ストラティス(Stratis)は、プログラム言語として広く普及しているC#言語でブロックチェーンを構築し、多くの企業ネットワークに展開することを目指すプロジェクトです。
バイナンスでは2STRATからステーキングを受け付けており、予想年間利率は1%〜2%となっています。
1STRATが34円強なので69円ほどで参加できる計算になります※。

・ステーキング Stratis Staking
・予想年間利率 1%〜2%
・最低預入金額 2 STRAT
・コイン価格  34.16円※
・必要最低金額 68.32円※

NEO

NEOは「中国版イーサリアム」とも呼ばれ、国際的にも注目を集めている暗号資産(仮想通貨)です。
スマートコントラクト機能を実装し、処理速度が早く、多様なプログラム言語に対応できるなど、さまざまな魅力を抱えています。
バイナンスではNEOからステーキングを受け付けており、予想年間利率は1%〜3%となっています。
1円でも参加できることになります※。

・ステーキング NEO Staking
・予想年間利率 1%〜3%
・最低預入金額 0 NEO
・コイン価格  1093.73円※
・必要最低金額 1円※

TROY

TROYは機関投資家やトレーダーのためにファンド運用のためのサービスを提供するブロックチェーンプロジェクトです。
各地の規制や取引慣習に対応したアプリケーションを提供します
バイナンスでは250 TROYからステーキングを受け付けており、予想年間利率は15%〜16%となっています。
1TROYが約0.3円なので約74円ほどで参加できる計算になります※。

・ステーキング TROY Staking
・予想年間利率 15%〜16%
・最低預入金額 250 TROY
・コイン価格  0.294836円※
・必要最低金額 73.709円※

エルロンド(Elrond)

エルロンド(Elrond)はルーマニアで開発された暗号資産(仮想通貨)です。
2019年7月にバイナンスのプラットフォームでIEOを実施して注目されました。
バイナンスでは700ERDからステーキングを受け付けており、予想年間利率は3%〜4%となっています。
1ERDが約0.26円なので約183円ほどで参加できる計算になります※。

・ステーキング Elrond Staking
・予想年間利率 3%〜4%
・最低預入金額 700 ERD
・コイン価格  0.260273円※
・必要最低金額 182.1911円※

※CoinmarketCap2020.5.23.価格データによる

日本在住者へのサービスを制限!?

2020年1月16日、バイナンスはアカウント会員向けのサイトページで「バイナンスをご利用の日本居住のお客様へのご案内」というメッセージを発信しました。
今後、日本居住者について段階的に取引制限を実施することを予定しているという内容ですが、具体的な詳細内容については5月23日の時点でもはっきりとは打ち出されていません。
日本の金融庁の方針を睨みながら、法律に抵触しないようにサービスを調整していくことになりそうです。
バイナンスは日本の金融庁認可を受けた暗号資産交換業者「TaoTao」を子会社に抱えており、こちらを日本のユーザーの受け皿として考えているのかも知れません。

まとめ

バイナンスのステーキングサービス対象となっているコインを紹介させて頂きました。
いずれも小額から参加でき、一般的な定期預金などより遥かに利率の良いサービスとなっています。
もちろんコインの価格の下落リスクはありますし、バイナンスの日本在住者向けのサービスが今後どうなっていくのかにも注意していかなければなりません。
実際の投資は御自分の判断、自己責任でお願いします。
それでもこうした魅力的なサービスがあるということは知っておく価値があると思います。
よいサービスを上手に利用して資産を増やして下さい。
今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました