Cheeeseの出金方法

仮想通貨をもらう
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Cheeese

「Cheeese(チーズ)」は無料でビットコインがもらえるアプリサービスです。
”Cheese”では無く”e”が1つ多い”Cheeese”が正解です。
マネックスクリプトバンク社が運営する、好きな記事を読むことでビットコインが貰えるアプリです。
記事を読むこと以外にもさまざまな方法でビットコインを獲得することができます。
一度に大量のビットコインを獲得できるわけではありませんが、毎日確実にビットコインを獲得することができます。
ここではCheeeseで貯めたビットコインの出金(送金)方法について紹介します。
Cheeeseの詳しい内容については記事を参照下さい。

⇒Cheeese

受け取り用のウォレットが必要

ビットコインを出金(送金)するためには受取先のウォレットが必要になります。
一般のお金を受け取る時に銀行口座が必要なのと同じ様なイメージです。
ビットフライヤーやGMOコインなどの暗号資産交換業者に口座を開いていれば、自分の口座にビットコインを受け取れるウォレットも用意されています。
ビットコインを日本円に替えたいということであれば、こうしたウォレットに出金(送金)することになります。
あるいはGinkoなどの独立したウォレットサービスもたくさんありますので、そこで自分のウォレットを作って受け取り先にすることもできます。
ウォレットにはそれぞれに個別のアドレスがありますので、そのアドレスを指定して送金するという訳です。
自分用のウォレットを持っていないという方は先にウォレットを作成しましょう。

出金手数料

Cheeeseからビットコインを出金(送金)する際には出金手数料が掛かります。
2020年10月現在、Cheeeseの出金手数料は出金額に関係無く一律0.000005BTCです。
出金手数料は以前は0.0001BTCだったのですが、2020年2月に大幅に引き下げられて0.000005BTCとなっています。

出金手順

Cheeeseで貯めたビットコインを出金(送金)するには、まず事前に予め受取用のウォレットのアドレスをコピーしておきます。
次にCheeseの画面下側にある【アカウント】ボタンをタップしてアカウント画面を表示します。
アカウント画面には現在のビットコイン残高が表示され、その下に【送金】【受け取り】を選べる様になっています。
出金(送金)する場合は【送金】の方を選択します。
(アカウント登録をしていない場合(仮アカウント)の場合は先に進めません。)
受取先のウォレットアドレスを入力する画面が出てくるので、アドレスを正確に貼り付けます。
後はこれを送信すれば作業は完了です。
入力したアドレスにビットコインが送金されます。

アドレスの間違いに注意

出金(送金)の際に気をつけなければいけないのが、ウォレットアドレスの入力です。
入力したアドレスが間違っているとビットコインの受け取りができないですし、違うアドレスへの送金が成立してしまうとそれを取り返す手段もありません。
正確にアドレスを入力する必要があるのです。
とは言えウォレットアドレスは非常に文字数が多い上、配列も複雑です。
手入力で正確に打ち込むのは正直とても大変です。
間違い防止のために、アドレスはできる限りコピー&ペーストで貼り付けすることをお薦めします。

まとめ

Cheeeseの出金方法、お分かりになりましたでしょうか。
受取先のアドレスさえあれば、ビットコインの出金(送金)は以外に簡単です。
とにかく受取先のアドレスを間違えないことに注意をして、自分の口座(ウォレット)にどんどんビットコインを貯めて行きましょう。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました