勝手にコインが増えていく!!GMOコインの貸暗号資産とは

取引所
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仮想通貨を貸す!?

仮想通貨(暗号資産)を増やしたい時に、その方法としてはコインを買う、貰う、マイニング、ステーキングなどが挙げられますが、ここにもう1つ「貸す」という方法があります。
貸仮想通貨(暗号資産)あるいはレンディングといわれているもので、日本でもGMOコイン、Coincheckなど複数の仮想通貨交換会社で自分の保有コインを貸すことができます。
一度セットしてしまえば放っておいてもコインが増える制度なので見逃す手はありません。
今回はGMOコインのサービスを紹介します。

貸暗号資産サービス

GMOコイン「貸暗号資産サービス」は、保有している仮想通貨(暗号資産)をGMOコインに貸し出すことで数量に応じた貸借料を受け取ることができるサービスです。
GMOコインでは取扱いしている8種類のコイン全てについて貸暗号資産サービスを展開し、貸し出しできる最低数量もビットコインなら0.1BTC〜といった形でかなり利用のハードルが低い制度になっています。
それでいて貰える賃借料は最大で年率5%に及び、メリットの大きいサービスといえます。

6ヶ月で年率5%

仮想通貨(暗号資産)をGMOコインに預けると、預けた期間によって

●6ヶ月コース 年率5%
●3ヶ月コース 年率4%
●1ヶ月コース 年率2%

というコースがあります。
但し年率5%といっても半年なので貰える利子は2.5%弱になります。
ビットコイン1BTCを6ヶ月預けたケースで見ると

1 BTC × 180日 × 5% / 365 =0.02465753 BTC

となり、1BTC=100万円とすると約24,600円相当の貸借料が受け取れることになります。

少ない金額から参加できます

GMOコインの貸暗号資産サービスは、ビットコインなら0.1BTCから貸し出しすることができます。
1BTC=100万円とすると10万円です。
同様のサービスを展開している仮想通貨交換業者は日本でもいくつかありますが、その中でもGMOコインのサービスは低い金額から参加できるサービスといえます。
各コインの最低金額と最大金額は以下の通りです。

■ビットコイン(BTC) 0.1BTC〜100BTC
■ビットコインキャッシュ(BCH) 5BCH〜300BCH
■イーサリアム(ETH) 5ETH〜500ETH
■ライトコイン (LTC) 10LTC〜1000LTC
■リップル(XRP) 5000XRP〜100万XRP
■ネム(XEM) 30000XEM〜100万XEM
■ステラ(XLM) 20000XLM〜100万XLM
■べージックアテンショントークン(BAT) 5000BAT〜15万BAT

24時間受け付けています

GMOコインの貸暗号資産サービスは、メンテナンス時を除き24時間365日受け付けています。
但し実際の貸出開始日は毎月15日(15日が土日祝の場合は翌営業日)となっています。
また貸出期間が終わり償還を迎えると同じ条件で再度貸出することもできます。

貸暗号資産サービスのデメリット

貸暗号資産サービスのデメリットとしてはどのようなものがあるでしょうか。
主なデメリットとしては以下の様なものがあげられます。

●貸出中は売却できない
●価格の変動幅が利率よりも大きい

貸出中は売却できない

GMOコインに貸し出した仮想通貨(暗号資産)は、原則として貸出期間を経過するまでロックされます。
貸し出しているコインを売却したり送付することはできません。
但し、貸暗号資産サービスでは貸し出しの途中で解約することもできます(中途解約)。
中途解約をすると貸借料は支払われす、償還時に受取る予定の貸借料の10%相当が手数料として差し引かれます。

価格の変動幅が利率よりも大きい

コインの価格の変動幅が大きいという問題もあります。
仮想通貨(暗号資産)の多くは価格変動の幅が大きく、短期間で数十%の高騰、下落を経験することもあります。
コインが年率で5%増えてもコインの価格がそれ以上に下落すれば損失になってしまいます。
外貨預金でも同じことが言えますが、仮想通貨(暗号資産)の場合はより大きな損失になる可能性があるという点は注意しておく必要があります。
但し獲得したコインをそのまま保管し続けている人はとても多いと思います。
コインを寝かせて置くのであればその間は貸してしまおうというのは合理的な判断といえると思います。

まとめ

GMOコインの貸暗号資産サービスは、定期預金のように預けておくだけでコインを増やすことができる魅力的なサービスです。
利率も6ヶ月コースなら年率5%となっており、大手都市銀行の定期預金の利率が0.1%程度であることを考えると相当な利率の高さです。
もちろん仮想通貨(暗号資産)はそれ以上に価格変動が激しいので簡単に比較することはできませんが、保有するコインの運用方法としては十分に考えられます。
短期間で仮想通貨(暗号資産)の売買を繰り返す人は別ですが、コインが値上がりするのを期待して保有続ける人も多いはずです。
だったら保有コインを貸し出すという方法もありですよね。
上手に利用して上手に資産を増やして下さい。
もちろん実際の取引は御自分の判断、自己責任にてお願いします。
今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

取引所
スポンサーリンク
コイン資産倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました