【2022年11月最新版】 暗号資産関連株を解説します(日本株・メタバース/NFT編①)

NFT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連株に投資する

暗号資産(仮想通貨)に関心が無い訳ではないけれど、投資の対象としては何か怪しかったり怖かったりという人も多いと思います。
あるいは既に暗号資産に投資をしているものの、価格の変動幅(ボラティリティ)の大きさに悩んでいる人も少なくないでしょう。
そんな方々に一度紹介したいのが暗号資産関連株への投資というスタイルです。
暗号資産、ブロックチェーン、NFT、メタバースなど関連する分野はさまざまですが、株式市場には各分野に関連する銘柄が多数存在します。
そこで本サイトでは関連株式銘柄について日本株と米国株、更に分野に分けて紹介していきます。
今回は【日本株・メタバース/NFT編①】です。

gumi(3903)

■企業名称 株式会社gumi
■証券CD 3903
■取引市場 東証プライム
■決算時期 4月末日
■設立時期 2007年6月13日
■上場時期 2014年12月18日
■本社所在 東京都新宿区西新宿
■公式HP  https://gu3.co.jp/

株式会社gumi(3903)はスマホゲームの開発・運営を中心に事業を展開している企業ですが、ブロックチェーンゲーム領域でもコンテンツの開発を積極的に勧めています。
ブロックチェーンゲームとしてはトップクラスの人気を誇る「My Crypto Heros」を開発運営しているのもgumiです。
また世界的なNFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)や日本人が立ち上げたASTAR Networkに投資するなど、ブロックチェーン系企業への投資にも非常に積極的な企業として知られています。

シンワワイズHLD(2437)

■企業名称 Shinwa Wise Holdings株式会社
■証券CD 2437
■取引市場 東証スタンダード
■決済時期 5月末日
■設立時期 東京都中央区銀座
■上場時期 1989年6月15日
■本社所在 2005年4月5日
■公式HP  https://www.shinwa-wise.com/

シンワワイズホールディングス(2437)は美術品公開オークションの企画・運営最大手の企業です。
美術品を介した資産運用や画廊運営事業なども展開しています。
2021年にはNFTアートの販売プラットフォーム「シンワアートNFT」を開設し、NFTにも積極的に関わっています。
シンワアートNFTでは独自のブロックチェーン(正確にはホライズン(旧Z-cash)のサイドチェーン)を活用しています。
また子会社のエドバース株式会社がメタバースプラットフォーム「エドバース」を展開しており、仮想空間内の土地(ランド)の第1回売出しが数時間で完売するなど注目を集めています。

大日本印刷(7912)

■企業名称 大日本印刷株式会社
■証券CD 7912
■取引市場 東証プライム
■決算時期 3月末日
■設立時期 1894年1月19日
■上場時期 1949年5月
■本社所在 東京都新宿区市谷
■公式HP  https://www.dnp.co.jp/biz/

大日本印刷(7912)は凸版印刷と共に印刷業界の二強を占める業界の巨人ですが、印刷の将来も見据えてデジタル販促や情報事業など多角化を進めています。
メタバースイベントへの技術提供も力を入れている事業分野で「バーチャル秋葉原」「渋谷宮下公園Powered by PARALLEL SITE」など既に多くの実績があります。

クシム(2345)

■企業名称 株式会社クシム
■証券CD 2345
■取引市場 東証スタンダード
■決済時期 10月末日
■設立時期 1997年6月12日
■上場時期 2002年12月13日
■本社所在 東京都港区南青山
■公式HP  https://www.kushim.co.jp/

クシム(2345)は元々は学習管理システムを展開していた会社ですが同事業からは撤退し、ブロックチェーン技術領域への事業転換を図っています。
子会社にweb3テクノロジーズ社を抱えています。

クルーズ(2138)

■企業名称 クルーズ株式会社
■証券CD 2138
■取引市場 東証スタンダード
■決算時期 3月末日
■設立時期 2002年5月
■上場時期 2007年2月14日
■本社所在 東京都渋谷区恵比寿
■公式HP  https://crooz.co.jp/

クルーズ(2138)は衣料系ECサイト「SHOP LIST」を展開する企業です。
ゲーム事業も展開していますが現在は同事業は縮小しています。
子会社にCROOZ Blockchain Labを抱えており、NFTゲームやFinTech事業を展開しています。

KDDI(9433)

■企業名称 KDDI株式会社
■証券CD 9433
■取引市場 東証プライム
■決算時期 3月末日
■設立時期 1984年6月1日
■上場時期 1993年9月3日
■本社所在 東京都千代田区飯田橋
■公式HP  https://www.kddi.com/

KDDI(9433)は言わずと知れた総合通信の大手企業です。
KDDIでは2016年頃から仮想現実領域への投資を続けています。
日本におけるメタバース開発を牽引するCluster社にも出資しており、KDDIの中馬和彦氏が社外取締役に就いています。
Cluster社と連携して都市連動型メタバースの「バーチャル渋谷」「バーチャル大阪」などに技術を提供しています。

グリー(3632)

■企業名称 グリー株式会社
■証券CD 3632
■取引市場 東証プライム
■決算時期 6月末日
■設立時期 2004年12月7日
■上場時期 2008年12月17日
■本社所在 東京都港区六本木
■公式HP  https://gree.jp/

グリー(3632)はソーシャルゲームプラットフォーム「GREE」を展開する企業です。
メタバース事業にも力を入れており、メタバース関連事業に100億円規模の投資をする計画を明らかにしています。

ANAP(3189)

■企業名称 株式会社ANAP
■証券CD 3189
■取引市場 東証スタンダード
■決算時期 8月末日
■設立時期 1992年9月22日
■上場時期 2013年11月19日
■本社所在 東京都港区南青山
■公式HP  https://www.anapnet.com/

ANAP(3189)はティーン向けのレディスブランド「ANAP」などを展開するアパレル企業です。
2021年12月にメタバース事業への参入を表明し、2022年3月にファンション系のメタバース支援サービス「APPARELED Meta connect by ANAP」を提供開始しました。
Meta Connectは、企業が保有する洋服や小物の採寸データ画像を元にメタバース空間の規格に適合したバーチャルアイテムに変換するサービスです。
ディセントラランド、VRチャット、ネオスVRなどの規格に対応しています。

シャノン(3976)

■企業名称 株式会社シャノン
■証券CD 3976
■取引市場 東証グロース
■決算時期 10月末日
■設立時期 2002年4月
■上場時期 2017年1月27日
■本社所在 東京都港区三田
■公式HP  https://www.shanon.co.jp/

シャノン(3976)は企業のマーケティングを支援するクラウドサービスに強みを持つ会社です。
子会社の株式化会社ジクウがメタバース型バーチャルイベントサービス「ZIKU」を提供しています。
ZIKUではアバターを使った企業の3D展示会などを簡単に実施する事ができます。
またジクウは2022年3月に各省庁の物品製造・販売等への入札参加資格である全省庁統一資格を取得しており、官公庁からの依頼を受ける事ができます。

マネックスグループ(8698)

■企業名称 マネックスグループ株式会社
■証券CD 8698
■取引市場 東証プライム市場
■決算時期 3月末日
■設立時期 2004年8月2日
■上場時期 2004年8月2日
■本社所在 東京都港区赤坂
■公式HP  https://www.monexgroup.jp/jp/index.html

暗号資産関連銘柄でも紹介したマネックスグループですが、子会社のコインチェック社で
はNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を2021年3月から展開しています。
Coincheck NFT(β版)はブロックチェーンを使用しないオフチェーンのサービスですが、The Sandboxやディセントラランドといった大手メタバースプラットフォームの土地NFTを扱っており、両プラットフォームの人気が高まれば注目を集める事になります。
またコインチェックではオンチェーンでもイーサリアムを利用したNFTマーケットプレイス「miime(ミーム)」も運営しています。

日本電信電話(9432)

■企業名称 日本電信電話株式会社
■証券CD 9432
■取引市場 東証プライム
■決算時期 3月末日
■設立時期 1985年4月1日
■上場時期 1987年2月9日
■本社所在 東京都千代田区大手町
■公式HP  https://group.ntt/jp/

日本電信電話(9432)はNTTグループの持株会社です。
NTTドコモが事業の柱となっていますが、NTTドコモの子会社のNTTコノキュー社がメタバース・サービス「XR World」「XR City」を展開しています。
XR WorldではAKB48とVRキャラクターの混合ユニット『AKB48 SURREAL』がデビューし注目を集めました。
また2022年10月30日にはNTTドコモがアスターネットワーク(社名はStake Technologies Pte. Ltd.)とWeb3の普及に向けて協力する事で合意しています。
アスターネットワークは日本人の渡辺創太氏が立ち上げた世界的にも注目されるブロックチェーン企業で、2022年にはマイクロソフト社も同社と提携しています。
更に11月8日、NTTドコモが今後5〜6年間でWeb3領域に最大6,000億円の投資をする方針を明らかにして大きなニュースとなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました