メタマスク(MetaMask)とは!?登録方法と使い方を解説

仮想通貨(暗号資産)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

メタマスク

メタマスク(MetaMask)はイーサリアムの規格(ERC20規格)のコインを管理できるウェブウォレットです。
イーサリアム系の暗号資産(仮想通貨)のウォレットとして高い人気を誇っています。
誰でも気軽に作ることができ。イーサリアム(ETH)はもちろん、ERC20規格のコインであればどのコインでも受け取りや送金が可能です。
またブラウザの拡張機能を使うことができ、拡張機能の利用によってイーサリアム系のさまざまなサービスと簡単に連携することができます。
イーサリアム系のブロックチェーンゲームをする時には殆ど必須と言えるくらいに利用されているウェブウォレットです。

Chromeブラウザ

メタマスクはChromeブラウザで利用するのが一般的です。
実際にはChromeの他、Fire FoxBraveEdgeなどのブラウザでも利用できますが、Internet Explorerでは利用できません。
この点は注意が必要です。
普段Internet Explorerを使われている方は、Chrome(Google Chrome)も利用できるようにして置きましょう。

メタマスクの導入方法

メタマスクの導入方法はそれほど難しくはありません。
まずメタマスクの公式サイトにアクセスします。

右上の【Download】をクリックしてChromeを選択するとChromeウェブストアに飛びます。
Chromeブラウザを使っている人であれば、直接Chromeウェブストアに行ってメタマスクを探しても構いません。
メタマスクの【Chromeに追加】ボタンを押してダウンロードします。

少し待っているとメタマスクのエクステンションページが表示されます。
画面右上の『Chromeに追加』をクリックすればインストール完了です。
その時「次の権限にアクセス可能」というポップアップ画面が出てきたら[拡張機能を追加] [キャンセル]のボタンから[拡張機能を追加]を選択してクリックします。

インストールが終わるとNew to Metamaskという画面がでてきて2つの作業のどちらかを選ぶように促してきます。

右側の『Yes, let’s get set up!』の方が新規にウォレットを場合、
左側の『すでにシードを持っています』の方が既に持っているメタマスクウォレットを導入する場合です。
今回は新規にウォレットを作るので、右側の『Yes, let’s get set up!』のエリアにある【Create a Wallet】(ウォレット作成)ボタンをクリックします。

Create Password(パスワード作成)の画面になります。
パスワードは8文字以上の英数字を決めて入力します。
下の確認欄にも同じパスワードを入れます。
『□I have read and adree…(私は…を読んで内容に同意します)』のボックス欄に☑を入れると【作成】ボタンが青くなるのでボタンを押します。

パスワードの入力が完了するとシークレットバックアップフレーズの画面が現れます。
ここで紙とペンを用意して下さい。
シークレットフレーズは別のブラウザやPCでウォレットを使う時や、パスワードを忘れた時に、同じウォレットを使えるようにするための鍵となるフレーズです。
これが無いと端末を入れ替えた時などにウォレットを復旧できなくなるのでとても重要です。
画面の鍵のマークをクリックするとシークレットフレーズがいくつも表示されますので、それを順番に紙に書き写します。
スクリーンショットでもできるのですが、ハッキング対策として面倒でも紙に書き写すのが一番安全だと思います。
書き終わったら【次へ】ボタンを押します。
先程表示されていたフレーズを入力する画面になりますので、順番に入力して行きます。
『Congratulations!』とメッセージが出てきますので【All Done】ボタンを押して登録完了です。
お疲れさまでした。

モバイル版もあります

メタマスクはパソコン向けのイメージが強いウォレットですが、現在はモバイルにも対応しています。
2021年1月現在、スマートフォン向けとしてはiOS版Android版がリリースされています。
それぞれAppストアGoogle Playからアプリケーションをダウンロードできます。
登録の方法も基本的にはブラウザ版と同じですが、日本語には対応していません。

メタマスクを起動する

登録が済んだら、ブラウザからメタマスクを起動してみましょう。
Chromeブラウザの例で説明します。
Chromeの拡張機能に追加されていれば、画面の右上にキツネのマークが出ていると思いますのでキツネマークをクリックします。
クリックするとポップアップ画面が出てきて直ぐにメタマスクを使うことができます。
時々パスワードを聞いてくる時もありますが、その時はパスワードを入れて送信すればメタマスクが開きます。
また拡張機能に紐つけているのにキツネマークが表示されていない場合もあります。
その場合はChrome画面右上のハンマーのようなマークをクリックして下さい。
拡張機能に登録してあるアプリケーションが出てきます。

メタマスクのキツネマークもここにありますのでキツネマークをクリックして下さい。
これでメタマスクが起動します。

メタマスクに入金する

メタマスクはウォレットですので、使うためにはコインを入金する必要があります。
メタマスクではイーサリアムやERC規格のコインを受け取ることができます。
入金⇒つまりメタマスクにコインを送金するためには、ウォレットのアドレスが必要です。
メタマスクのアドレスを調べる方法はいくつかあるのですが、わかりやすいのはメタマスクの上中央にあるaccountをクリックするとアドレスがコピーされます。
このアドレス宛に取引所やウォレットからコインを送ります。
取引所やウォレットの送金先アドレスにそのまま貼り付け送るとコインが着金します。

ブロックチェーンゲームと連携する

メタマスクを使うとイーサリアム系のブロックチェーンゲームと簡単に接続することができます。
というよりそもそもイーサリアム系のゲームではメタマスクとの連携が必須というものも少なくありません。
イーサリアム系ゲームでは課金するしないに関わらず小額のgas代が発生することが多いためウォレットとの連携が必要になってくるのです。
接続は難しくありません。
メタマスクを入れているChromeブラウザ上でゲームのサイトに行き、【connect】ボタンを押すとメタマスクが起動してゲームと接続する形が一般的です。

DeFiとの連携

分散型取引所(DEX)などのDeFi関連のアプリケーションとの連携もブロックチェーンゲーム同様に簡単にできます。
接続方法はゲームとほぼ同じでChromeブラウザ上でDEXなどのサイトに行き、【connect】ボタンを押すと接続されます。
これによってDeFi関連のサービスに資金を送り込んで運用するといったことが簡単にできるようになります。

Gas代の問題

簡単に接続できるメリットがある一方でメタマスクを使う上で大きな問題となっているのが『Gas代の高騰』です。
イーサリアムのプラットフォーム上で動くアプリケーションでは、ERC規格のコイン(トークン)を移動させる際に小額のコインを送金手数料として支払う仕組みになっています。
これが『Gas代』と呼ばれるものです。
最近はイーサリアムの取引量の増加に伴ってGas代が高騰し、送金コストが掛かりすぎるという問題が深刻化しています。
根本的にはイーサリアムのバージョンアップによってこの問題は解決される見込みですが、それまでは悩ましい問題となります。

まとめ

メタマスクは単なるウォレットというよりもイーサリアム系のアプリケーションを快適に利用するための重要なツールと言えます。
メタマスクがあれば、マイクリプトヒーローズのようなグロックチェーンゲームも楽しめますし、UniswapなどのDEXを使って投資をしたり、トークンを交換したりすることもできます。
是非メタマスクを使って暗号資産の可能性を拡げて下さい。
きっと楽しいと思いますよ。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました